お墓と相続について

相続によって相続人に引き継がれる「相続財産」のうち、現金や預金、不動産などの一般的な相続財産と違い、お墓や仏壇、位牌などの先祖祭祀に使用する相続財産のことを民法では「祭祀財産」と呼んでいます。
複数の相続人がいる場合、相続人全員が納得できるよう相続財産は分配されることが一般的です。また、兄弟姉妹以外の相続人に対して一定割合の相続財産を取得しうる権利を認める「遺留分」という制度もあります。
しかし、祭祀財産はその性質上分割出来ない場合が多く、また相続人全員の共有とした場合も、月日を重ねる程に様々な問題が発生することが予想されます。そこで、こうした祭祀財産については、一般の相続財産とは分けて考え、祭祀を主催する祭祀承継者が引き継ぐ事になっています。祭祀承継者は必ずしも長男である必要はなく、故人からの指名や慣習などによって決められる事になります。そして相続人による話し合いでも定まらない場合、家庭裁判所の判断に委ねることになります。
なお、祭祀財産を取得した場合でも、一般の相続財産に含まれることはないため、受け取る遺産の額には増減がありません。また、骨董的な価値があるなど特殊な場合でない限りは相続税もかかりません。このことから、生前にお墓や仏壇の購入を行うことを、相続対策の一環として検討してみてもいいでしょう。

行政書士松尾拓也事務所


行政書士・墓地管理士
お墓ディレクター1級
有限会社 三愛 代表取締役
松尾拓也(まつお たくや)
〒061–3361
北海道石狩市八幡2丁目343
TEL/0133-66-4848
FAX/0133-66-4849
E-mail/sanai-stone@herb.ocn.ne.jp
URL/http://sanai-stone.com/